読売広告社のグループ会社2社の合併で、

新たにプロモーション事業会社「読広クロスコム」を設立

株式会社読売広告社(本社:東京都中央区銀座1−8−14/代表取締役社長 中田安則)のグループ会社である株式会社読広コムズ、株式会社読広アドクレスの2社は、このたび合併し、2007年10月1日付でプロモーション事業会社「読広クロスコム」を設立することになりました。
2007年7月25日に開催された両社の臨時株主総会において、合併契約の締結が承認されましたので、下記の通りお知らせします。

株式会社読広コムズ(1998年4月設立)は、SP・イベント領域、株式会社読広アドクレス(1991年5月設立)は不動産広告制作領域のそれぞれプロフェッショナル集団として、読売広告社の得意先に向けたソリューションに貢献してまいりました。
しかしながら、昨今モノを売るための統合プロモーションサービスに対する得意先のニーズは急速に高まっております。読売広告社として、この領域での得意先に向けた企画力・実施力・制作力の一層の拡充・強化を図るべく、プロモーション領域で強みを持つ2社を合併することにいたします。合併によって誕生する「読広クロスコム」は、経営規模の拡大と、異なった得意分野をもつ2社の融合によるシナジー効果により得意先のニーズにワンストップで対応できる体制を強固なものにしてまいります。
以上により、「プロモーションコンサルティング」を標榜する読売広告社グループは、プロモーション領域においてさらなるソリューション力を発揮し、得意先の業績向上に貢献してまいります。

新会社の概要は下記の通りです。

1.合併方式 株式会社読広コムズを存続会社とする吸収合併方式
2.合併および商号変更期日 2007年10月1日
3.社名 株式会社読広クロスコム(英文表記:YOMIKO CROSS COM)
4.所在地 東京都中央区築地4−1−1 東劇ビル
5.代表者 代表取締役社長 立林信男(現:株式会社読広コムズ代表取締役社長)
6.従業員数 150名(予定)
7.資本金 40百万円
8.主要株主 株式会社読広企画100%(株式会社読売広告社100%出資の子会社)
9.主な業務内容
  • (1)プロモーション全般のプランニング
  • (2)住生活関連業種における広告・SP企画・制作、定期刊行物の編集
  • (3)イベント・事業の企画・実施
  • (4)印刷企画制作
  • (5)SPツールの企画制作
  • (6)人的SP等プロモーションの企画・実施
  • (7)クリエイティブワーク(グラフィック・TVCF・VP制作)
  • (8)WEBプロモーション、WEBの企画・制作等
●この件についてのお問合せは、下記までお願いいたします。