ID-POSとAIカメラの活用により、
ドラッグストアの購買と非購買の行動プロセスを見える化!

『“インストア購買・行動”解析サービス』を2019年4月より提供開始

株式会社読売広告社(本社:東京都港区 代表取締役社長:藤沼大輔)は、ドラッグストア内の購買行動に関して、これまで行っていた「ID-POSデータ」分析や店頭実験を中心とした独自の知見に加え、新たに「AIカメラ」を活用することでショッパーの棚前行動を捕捉しデータ化、購買・行動解析の精度をアップさせたソリューションを開発し、2019年4月からサービス提供を開始いたします。

詳しくはこちらをご覧下さい。
→ 『“インストア購買・行動”解析サービス』を2019年4月より提供開始pdf

<本件についてのお問い合わせ>
◇本サービス詳細について
データドリブンプランニング局
インストアブランドコンサルティングルーム 塩見
TEL:03-5544-7221

◇本リリースについて
総務局 総務・広報部 富永、横田
TEL:03-5544-7104