Report

発想力を刺激する YOMIKO TREND REPORT

2018年度「新聞広告クリエーティブコンテスト」デザイン賞受賞報告

楠陽子(写真左) クリエイティブ局 第2CRルーム

10月19日に、「新聞広告の日」記念式典(日本新聞協会主催)が東京都内で開かれ、
「新聞広告賞」や「新聞広告クリエーティブコンテスト」の贈賞式などがありました。

その「新聞広告クリエーティブコンテスト」で、弊社クリエイティブ局の楠が、中村洋平さんと共同で制作した「新聞で世界はひろがる」が、デザイン賞を受賞しました。

「新聞広告クリエーティブコンテスト」は、若いクリエイターに新聞広告を製作する機会を提供し、新聞広告の可能性を広げる為に06年から実施されているコンテストです。
2018年度のテーマは「新聞」でした。

イメージ画像
※クリックして拡大する

記念式典における副田高行審査委員長からの総評では、本作品に対して、新聞の切り抜きの裏面をコラージュしたビジュアルに、アイデア性とインパクトが有ったとの評価がありました。

受賞した感想(楠)

興味のある記事をスクラップしたとき、その裏面に自分の興味とは関係ない、不自然な形で切り抜かれた世界が広がっていました。そこには、読む人に合わせて記事を勧めてくれるネットニュースとは違う、表も裏もある、紙の新聞だからこその世界を広げる「きっかけ」があると思い、それを表現しました。
私たちのチームは、賞を頂いた作品の他にも4案ほど応募していたのですが、この案はその中でも一番の時間と労力を掛けたもので、受賞が出来て本当に嬉しかったです。
応募する作品には、実際の新聞は使えないというルールがある為、アイデアをまとめた後に、架空の新聞を作るところからスタートしました。そしてそれを実際の新聞紙に似た紙に出力し、どういった組み合わせが良いのかを、相方と一緒に切り貼りしながら、パズルみたいに何度も検証してデザインを決めていきました。制作途中は、終わりが見えない気がして、出すのをやめようかと思ったりもしましたが、途中で諦めずに最後まで取り組んで良かったと実感しています。相方にも感謝しています。