「エンゲージメント・リング™」について

デジタル化の進展によるメディア環境の変化によって、生活者が主体的に情報を収集、選別、発信し、自らの情報体験のイニシアティブを握っていく「生活者主導社会™」が到来しつつあります。

こうした環境の中、博報堂DYグループは「生活者主導社会™」 に対応すべく、「生活者発想」を更に深化させ、新たなマーケティング・コミュニケーションモデル「エンゲージメント・リング™」を開発いたしました。

このモデルでは、生活者の多様化した情報体験を「心が動く」「選択する」「共有する」「絆を感じる」という4つで捉えています。
「エンゲージメント・リング™」をベースとして、生活者の心を動かすための「テーマ」開発と、情報体験の「全体設計図」作りをトータルに行なうことで、企業が生活者とともにブランドを作っていく、すなわちエンゲージメントの実現(ブランドと生活者の絆を結ぶこと)が可能となります。