OUR SERVICES

次世代モノづくり研究所

情報接点や人々の嗜好が多様化する中、人を動かすパワーを持つエンタテインメントやコンテンツに注目が集まっています。弊社は1965年にテレビアニメーション「宇宙エース」を企画・放送して以来、テレビアニメーション・特撮・ドラマ作品に携わっており、そこで得た経験や関係性をもとに、クライアントに対する様々なビジネスソリューション提案も行ってまいりました。

“次世代モノづくり研究所”はその流れをくみ、エンタテインメントやコンテンツビジネスのコアである知的財産(知財・IP)を活用したソリューションを提供する、ライセンスビジネスプロデュースチームです。ビジネス領域は、「商品開発」「映像」「キャラクター」「イベント」「キャンペーン」など、多岐にわたります。

次世代モノづくり研究所

事例

キャラクターライセンス事業 「チェブラーシカ」

チェブラーシカは、1966年に発表(67年に発売)されたロシアの児童文学家エドゥアルドウスペンスキーの児童文学「わにのゲーナ」に登場し、50年以上愛されているロシアの国民的キャラクターです。日本では2001年に映画が初公開され、ファンを増やしました。YOMIKOではチェブラーシカの国内窓口を担当しています。ライセンサーとして、「チェブラーシカ」のファンを増やすための施策を考え、ライツを運用する仕事をしています。

コンテンツ事業 「幽☆遊☆白書」

YOMIKOとして過去に携わったコンテンツを再活性するための様々な取組みを実施しています。
「週刊少年ジャンプ」(集英社)で1990年から1994年に渡り連載された冨樫義博の人気作品『幽☆遊☆白書』について、1992年から1995年まで放送されていた同作品のアニメ化に携わっており、その関係値をきっかけとして、20年以上ぶりに、新たなプロジェクトを開始。2018年に完全新作アニメ「TWO SHOTS」「のるかそるか」製作、2019年には舞台「幽☆遊☆白書」製作に携わっています。


2018年
完全新作アニメ「TWO SHOTS」「のるかそるか」

原作/冨樫義博「幽☆遊☆白書」(集英社「ジャンプコミックス」刊)
©Yoshihiro Togashi 1990年-1994年
©ぴえろ/集英社

幽☆遊☆白書TVアニメ公式サイトはこちら


2019年
舞台「幽☆遊☆白書」

©舞台「幽☆遊☆白書」製作委員会
©Yoshihiro Togashi 1990年-1994年

舞台「幽☆遊☆白書」公式サイトはこちら

コンテンツ事業 「青鬼」

原作に近い立場でコンテンツを育てるべく、新しいコンテンツの発掘にも力を入れています。
「青鬼」は、noprops氏がRPGツクールで制作し、2004年よりインターネット上にて公開されたフリーホラーゲーム。動画共有サイトのプレイ動画で人気に火がつき、2013年にはノベライズ化、2014年、2015年と続けて実写映画化されました。YOMIKOでは、ノベライズの段階から着目し、商品化・広告販促等の独占的権利を取得しており、2016年にTV版アニメ「あおおに ~じ・あにめぇしょん~」、2017年には劇場ODS版アニメ「青鬼 THE ANIMATION」を製作。スマホゲーム「青鬼オンライン(運営:UUUM)」は、2019年8月に300万DL突破にて展開中です。